フォトウェディングとは何か?

フォトウェディングというのは、新しく登場した結婚式のスタイルで、その名の通りカップルが写真を撮影することによって結婚の誓いを立てることを言います。結婚の記念に写真を撮るというのは昔から行われてきたことですが、フォトウェディングの特徴は、写真を撮るだけで結婚式などの特別なイベントは行わないということにあります。もっとも、式は行わないものの、写真を撮る際の服装は、ウェディングドレスや白無垢といった伝統的な結婚式で着るようなものが多く選ばれる傾向にあるようです。フォトウェディングは、誰もが行うものではないため、この言葉をはじめて耳にしたという方もいるかもしれませんが、実はその手軽な方法から密かに人気が高まってきています。

フォトウェディングに適したカップルとは?

前述のように、フォトウェディングは非常に手軽で、かつコストもそれほどかかりません。したがって、最も適しているのは結婚にそれほど費用を掛けたくないと考えているカップルと言えるでしょう。持ち合わせがない場合だけでなく、将来を見据えて貯蓄を手元に残しておきたいというような堅実な二人であれば、数百万円をかけて結婚式を行うよりもフォトウェディングを選んで二人だけの記念の写真を残した方が良いかもしれません。また、既に一度結婚式を挙げたことがあるような再婚者同士のカップルや、結婚してから年月が経って今さら式を挙げるモチベーションが湧かないというカップルにもフォトウェディングはお勧めです。 

フォトウェディングはタキシードやドレスを着て教会などのロケーションで写真撮影を行うことです。挙式を挙げずに写真だけ残す人が増えています。